メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

これからの10年間 「普通」の国になる歩み=ビル・エモット 英紙「エコノミスト」元編集長

=渡部直樹撮影

 平成の30年間を振り返ると、日本の経済と社会は大きく変わったが、国内政治や外交はほとんど変わっていない、と結論づけたい誘惑にかられる。いまだに自民党政権で野党は弱く、防衛や安全保障は、米国に頼ったままだ。だがもっと詳しく見るなら、全く異なる絵が現れてくる。経済も、政治も、劇的な変革という形よりむしろ、徐々に着実に変化が生じている。

 将来の歴史家は、平成の30年間に四つの主要な経済・社会の変化を認めるだろう。第一のもっとも明確な変…

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1734文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです