メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

火災の仏大聖堂、価値は? 850年の歴史持つ「象徴」 大統領の国葬にも使用=回答・賀有勇

火災に遭ったノートルダム大聖堂=パリで23日、ロイター

 なるほドリ 火災に遭ったノートルダム大聖堂は、フランスにとってどれだけ大事なの?

 記者 850年以上の歴史を持つカトリック教会で、フランスの象徴と言える存在です。1944年8月にはナチス・ドイツからの「パリ解放」を告げる鐘が鳴らされ、戦後はドゴールら歴代の大統領の国葬にも使われました。多くの人々に親しまれるようになったきっかけは、1831年出版のビクトル・ユゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」ですね。これを原作としたディズニー映画「ノートルダムの鐘」も有名です。ノートルダム大聖堂は王制廃止後に存在感を強めますが、その背景には国王の戴冠式の舞台となった「ランス大聖堂」などに比べ、「王室色…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです