メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

日米首脳会談 ニッセイ基礎研究所チーフエコノミスト・矢嶋康次氏/東京大法学部教授・久保文明氏

ニッセイ基礎研究所チーフエコノミスト・矢嶋康次氏

早期妥結、米有権者を意識 ニッセイ基礎研究所チーフエコノミスト・矢嶋康次氏

 トランプ大統領が農産物への関税をなくすよう求めるのは、政治的に早期の牛肉関税引き下げが必要だからだ。米国を除く11カ国でのTPPや、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の発効で、各国から日本が輸入する牛肉の関税が下がり、米国だけ取り残されている。来年の大統領選で畜産農家の支持を得られなければ大きな痛手だ。トランプ氏は「一刻も早くせめてTPP並みに関税を下げてほしい」と考えているはずで、日本に有利な交渉カードとなりそうだ。

 トランプ氏は5月中の協定取りまとめに意欲を見せたが、安倍政権は夏の参院選前に農業分野で譲歩するのは…

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1247文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです