メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

積み重ねた「平成流」

避難所の体育館で東日本大震災の被災者に声をかけられる天皇、皇后両陛下=茨城県北茨城市で2011年4月22日(代表撮影)

 平成の時代は皇室と国民の距離が縮まったといわれる。象徴のあり方を模索し続ける天皇陛下は、皇后さまと共に積極的に国民の中に入って交流された。その歩みは「平成流」として定着。陛下は2016年8月に公表したビデオメッセージで「人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました」と語った。被災地見舞いや戦没者慰霊、国際親善など、お二人が積み重ねた「平成流」を振り返る。【山田奈緒】

この記事は有料記事です。

残り1662文字(全文1866文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仮面ライダーゼロワン 山寺宏一がナレーション 日高のり子がAIの音声担当
  2. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  5. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです