メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
変革

第9部 りそなグループ/18 環境や人権、ビジネスに

SDGsコンサル付き融資商品について話す成友興業の細沼順人(左)とりそな銀行の高田尚昌=東京都大田区で、竹下理子撮影

 昨年末、りそな銀行福生支店長の高田尚昌(55)は建設業などを手がける成友興業(東京都あきる野市)を訪れた。「コンサルティングを受けてみませんか」。社長の細沼順人(まさひと)(51)に提案したのは、国連の開発目標「SDGs(エスディージーズ)」に関する無料コンサルティング付き融資商品だった。

 SDGsは2015年、持続可能な社会のために世界で取り組むべき課題として国連の193加盟国が採択した。貧困や教育、気候変動など17の目標別に169の具体的な項目を掲げ、30年までの達成を目指す。

 りそなも17年3月から、「銀行の責務」としてどう取り組むか本格的な検討を始めた。法人担当の中垣裕志…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1166文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです