メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第9部 りそなグループ/18 環境や人権、ビジネスに

SDGsコンサル付き融資商品について話す成友興業の細沼順人(左)とりそな銀行の高田尚昌=東京都大田区で、竹下理子撮影

 昨年末、りそな銀行福生支店長の高田尚昌(55)は建設業などを手がける成友興業(東京都あきる野市)を訪れた。「コンサルティングを受けてみませんか」。社長の細沼順人(まさひと)(51)に提案したのは、国連の開発目標「SDGs(エスディージーズ)」に関する無料コンサルティング付き融資商品だった。

 SDGsは2015年、持続可能な社会のために世界で取り組むべき課題として国連の193加盟国が採択した。貧困や教育、気候変動など17の目標別に169の具体的な項目を掲げ、30年までの達成を目指す。

 りそなも17年3月から、「銀行の責務」としてどう取り組むか本格的な検討を始めた。法人担当の中垣裕志…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです