メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第9部 りそなグループ/18 環境や人権、ビジネスに

SDGsコンサル付き融資商品について話す成友興業の細沼順人(左)とりそな銀行の高田尚昌=東京都大田区で、竹下理子撮影

 昨年末、りそな銀行福生支店長の高田尚昌(55)は建設業などを手がける成友興業(東京都あきる野市)を訪れた。「コンサルティングを受けてみませんか」。社長の細沼順人(まさひと)(51)に提案したのは、国連の開発目標「SDGs(エスディージーズ)」に関する無料コンサルティング付き融資商品だった。

 SDGsは2015年、持続可能な社会のために世界で取り組むべき課題として国連の193加盟国が採択した。貧困や教育、気候変動など17の目標別に169の具体的な項目を掲げ、30年までの達成を目指す。

 りそなも17年3月から、「銀行の責務」としてどう取り組むか本格的な検討を始めた。法人担当の中垣裕志…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1166文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです