メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

平成建設 静岡の「高学歴大工集団」

ねつぎカフェ=平成建設提供

 自社で大規模に大工の育成を行う静岡県沼津市の建設会社。グループの社員約600人のうち、大工は200人を超える。ものづくりを志す大学院卒も多く「高学歴大工集団」とも称される。

 祖父、父ともに大工の棟梁(とうりょう)で、元ゼネコン営業マンの秋元久雄社長が1989(平成元)年2月に創業した。元号に込められた「内外、天地ともに平和が達成される」との意味を家を建てる時に感じてほしいと命名した。

 日本経済が右肩上がりの時代、住宅は大量生産され、建築現場の効率化と分業化が進んだ。「職人の技」は必要とされなくなり、「このままでは日本の木造技術が衰退する」と危機感を募らせた秋元氏は、自社での職人育成を決意。受注、設計、施工、メンテナンスを一貫して行う独自の体制を確立した。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです