メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

養老孟司・評 『父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない』=橋本治・著

 (朝日新書・875円)

平易に広く思想語る

 橋本治の作品は大ざっぱに二つに分かれる。一つは『桃尻娘』に始まる文学作品で、もう一つは今回の作品のような批評、時評である。後者を私は思想と言っていいと思っている。でも日本社会の常識として、かならずしも思想書とは受け取られていないと思う。思想は難しい言葉で、抽象的に書かれていなければならない。そういう暗黙の決まりがあった。だから思想は哲学に占有されることになる。哲学とはわからないものなのである。だからわかりやすく具体的に書くと思想ではなくなる。橋本作品は常に後者である。

 今作品は、映画や政治的な事件を通じて、著者の生きた時代の社会の変化を、父権制の崩壊という面から論じ…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです