メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『福島のお母さん、いま、希望は見えますか?』=棚澤明子・著

 (彩流社・1944円)

 東京電力福島第1原発事故を巡り、避難指示区域外からのいわゆる自主避難者への住宅無償提供は2017年3月末で終了し、福島県による家賃補助制度も今年3月で打ち切られた。納得できない避難者も多く、退去を巡る紛争が各地で起きている。この本は普段は鉄道や料理などを書く女性ライターが避難した、そして福島に残った母親たちを尋ね歩いたインタビュー集第2弾だ。

 夫を福島に残して子どもを連れて自主避難した母親たちは、「被ばくを気にし過ぎる神経質な人たち」とこの…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文486文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  4. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです