メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

湯川豊・評 『ドナルド・キーンのオペラへようこそ! われらが人生の歓び』

 ◆『ドナルド・キーンのオペラへようこそ! われらが人生の歓(よろこ)び』=ドナルド・キーン著、中矢一義訳・構成

 (文藝春秋・2160円)

熱愛の記録と勧誘の書

 日本文学研究の巨大な存在だったドナルド・キーンは、クラシック音楽好きで、とりわけオペラの熱狂者(ファン)だった。メトロポリタン歌劇場(米ニューヨーク、略称メト)は、自分の第二の家といってもいい、というほどである。この本は、そういう熱愛者のオペラへの愛着の記録であるいっぽう、オペラの魅力を読者も享受するように、と語りかけている、心やさしい勧誘の本でもある。

 第一章オペラとの出会い、第二章オペラ徒然草は、自分の熱中が他人にも受け継がれることを願って、近年語…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです