メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『新しい古代史へ1 地域に生きる人びと 甲斐国と古代国家』=平川南・著

 (吉川弘文館・2700円)

古代社会の「地方」の実態伝える

 「令和」元号のもとになった『万葉集』に注目があつまっている。古代史は、のちの時代に比べて史料が少ない。『古事記』『日本書紀』『正倉院文書』など都の限られた史料をもとに書かれるから、日本古代史は「中央」からみた律令政府史になりがちで、「地方」の実態は見過ごされがちであった。ところが近年、古代遺跡の発掘調査が進み、木簡や漆がかかった紙の文字=漆紙文書が発見され、これらをもとに、古代社会の地方のありようがかなり詳細に解明されつつある。

 本書の著者は、この漆紙文書研究の開拓者であり第一人者。史料のない古代史の新史料を発掘してきた当人が…

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1510文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  4. 不適格公務員 パトロール拒否の警官を分限免職 大阪府警
  5. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです