メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

鴻巣友季子・評 『バイリンガル・エキサイトメント』=リービ英雄・著

 (岩波書店・2160円)

国際的な文脈で生きてきた日本語

 人はなぜ母語でない言語にひかれ、「多言語的高揚感(バイリンガル・エキサイトメント)」を覚えるのか? 永井荷風はフランスの象徴詩を翻訳する際、「怪物」という漢字に「シメール」と仏語の音表記をルビで振り、二葉亭四迷は「躊躇」に「タユタ(ッた)」と振った。日本に入った漢字とフランス語の音、音読み熟語にやまとことば、こうした異質性の出会いが醸しだすデュアリズムに、私たち日本語話者の心はことさら「ときめく(スパークジョイ)」のではないか?(コンマリ風にいえば)このエキサイトメントには、日本語のたどってきた歴史が刻印されている。リービはそう解き明かす。

 令和の出典『万葉集』(漢籍の詩がさらに元ネタにあるが)についても、本エッセー集で手厚くとりあげられ…

この記事は有料記事です。

残り1785文字(全文2137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  4. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです