メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『藁の王』 著者・谷崎由依さん

谷崎由依さん=大原一城撮影

 ◆谷崎由依(たにざき・ゆい)さん

 (新潮社・1944円)

修業時代も自分の糧に

 今年の芸術選奨新人賞に選出された著者の4編を収めた作品集。表題作は、著者と同様、大学で文芸創作を教える女性作家が語り手だ。学生たちとの近いようで遠い人間関係を通して、女性作家の孤独な心象風景を描き込んだ。「人はなぜ書くのか。書くことを教えるとは、どういうことなのか。それは可能なのか」。主題が痛々しいほど胸に迫る。

 著者は近畿大で准教授を務めている。その経験に裏打ちされた表現の数々には、リアリティーがあふれている…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文937文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです