メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

全日本選手権 米倉「ヨネクラ」初披露 気を引き締め最高難度新技

米倉が跳馬の演技で成功した「ヨネクラ」の連続合成写真=高崎アリーナで2019年4月27日、宮間俊樹撮影

 体操の全日本選手権第2日は27日、群馬・高崎アリーナで男子種目別トライアルが行われ、得意種目で2020年東京五輪を目指すスペシャリストたちが出場した。跳馬では、21歳の米倉英信(福岡大)が自身の名前のついた最高難度の新技「ヨネクラ」を国際体操連盟(FIG)による命名後、初めて披露して成功。「(命名を)いいプレッシャーにできた」と振り返った。

 新技は主要国際大会で初めて成功させた選手の名前がつく。米倉は今年2月にオーストラリアで行われた種目…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです