メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

世界選手権 157位・安宰賢、メダル確定

男子シングルス4回戦で張本を破った安宰賢。準々決勝も勝利し、メダル獲得を決めた=大西岳彦撮影

 【ブダペスト田原和宏】卓球の世界選手権個人戦第7日は27日、女子シングルス決勝が中国同士の対戦で行われ、世界ランキング5位の劉詩〓が同3位の陳夢を4-2で破り、初優勝した。劉詩〓は準決勝で世界1位の丁寧(中国)を破るなどして6大会連続の表彰台で初めて頂点に立った。

 男子ダブルスの決勝は、馬竜、王楚欽(中国)組が国際ペアのオビディウ・イオネスク(ルーマニア)アルバロ・ロブレス(スペイン)組を4-1で降して優勝した。

 第6日の26日は男子シングルスがあり、世界157位の安宰賢(韓国)らが4強入りし、メダル獲得が決ま…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文872文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 所持金は10万円 拳銃に実弾1発発射の痕跡 拳銃強奪
  5. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです