メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

世界選手権 157位・安宰賢、メダル確定

男子シングルス4回戦で張本を破った安宰賢。準々決勝も勝利し、メダル獲得を決めた=大西岳彦撮影

 【ブダペスト田原和宏】卓球の世界選手権個人戦第7日は27日、女子シングルス決勝が中国同士の対戦で行われ、世界ランキング5位の劉詩〓が同3位の陳夢を4-2で破り、初優勝した。劉詩〓は準決勝で世界1位の丁寧(中国)を破るなどして6大会連続の表彰台で初めて頂点に立った。

 男子ダブルスの決勝は、馬竜、王楚欽(中国)組が国際ペアのオビディウ・イオネスク(ルーマニア)アルバロ・ロブレス(スペイン)組を4-1で降して優勝した。

 第6日の26日は男子シングルスがあり、世界157位の安宰賢(韓国)らが4強入りし、メダル獲得が決まった。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです