メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

イメージの本 言語による把握を拒否 ゴダールの頭の中映す

 夜なかに目が覚め、また寝ようとしても熟睡することができない。起きているのか寝ているのかわからないまま、記憶のなかにある映像や言葉が浮かんでは消えてゆく。夢うつつの状態ですから、記憶にこびりついた文章とか昔観(み)た映画の場面、過去のつらいできごとからごく最近のできごとまで、現れては消えてゆく映像には脈絡も意味もない。こんな経験ありませんか?

 映像の流れは起きると終わってしまうわけですが、起きる前の、記憶に残された映像の断片が次々に頭に浮か…

この記事は有料記事です。

残り1362文字(全文1584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです