メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

イメージの本 言語による把握を拒否 ゴダールの頭の中映す

 夜なかに目が覚め、また寝ようとしても熟睡することができない。起きているのか寝ているのかわからないまま、記憶のなかにある映像や言葉が浮かんでは消えてゆく。夢うつつの状態ですから、記憶にこびりついた文章とか昔観(み)た映画の場面、過去のつらいできごとからごく最近のできごとまで、現れては消えてゆく映像には脈絡も意味もない。こんな経験ありませんか?

 映像の流れは起きると終わってしまうわけですが、起きる前の、記憶に残された映像の断片が次々に頭に浮か…

この記事は有料記事です。

残り1362文字(全文1584文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです