メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンゴ民主共和国・カサイ 世界が知らぬ「悲劇」 汚名、トラウマ…限られた支援

 コンゴ民主共和国カサイ地方で繰り返される性暴力は「イラクやシリアなどに匹敵する人道危機」(国連)と言われながら、その地理的条件によるアクセスの困難さなどのため、実態がよく知られてこなかった。性暴力被害は、政府と対立する民兵組織を持つルバ人の女性や子供に集中しており、背景には周辺の他民族の民兵をあおってルバ人と対立させようとした当時のカビラ政権の思惑があったとみられる。【カナンガで小泉大士】

この記事は有料記事です。

残り2561文字(全文2758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです