メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンゴ民主共和国・カサイ 世界が知らぬ「悲劇」 汚名、トラウマ…限られた支援

 コンゴ民主共和国カサイ地方で繰り返される性暴力は「イラクやシリアなどに匹敵する人道危機」(国連)と言われながら、その地理的条件によるアクセスの困難さなどのため、実態がよく知られてこなかった。性暴力被害は、政府と対立する民兵組織を持つルバ人の女性や子供に集中しており、背景には周辺の他民族の民兵をあおってルバ人と対立させようとした当時のカビラ政権の思惑があったとみられる。【カナンガで小泉大士】

この記事は有料記事です。

残り2561文字(全文2758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

  5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです