メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視聴覚障害者支援 助成導入3市のみ 47市・特別区調査

障害のある人が店員への注文などの際に使う筆談ボード。山口市などは購入費を助成している=福岡市中央区で2019年4月24日、杣谷健太撮影

 2016年4月の障害者差別解消法施行から3年がたったのに合わせ、毎日新聞が点字メニューや筆談ボードなど、視聴覚障害者向けのコミュニケーション支援に対する民間事業者への助成制度の有無を47都道府県庁所在地の自治体に尋ねたところ、昨年度までに導入したのは3市にとどまった。少なくとも2市が今年度導入予定だが十分とは言えず、同法が民間事業者に求める障害者への「合理的配慮」の浸透には、行政の後押しが欠かせない。

 「点字メニューがあることで、自分で食べたいものを探して注文できた」。最近になって点字メニューの提供…

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1399文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  4. 不適格公務員 パトロール拒否の警官を分限免職 大阪府警
  5. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです