メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男女49人に出場権 マラソン・東京五輪代表選考会

福岡国際マラソンで力走する大迫傑(手前)=福岡市東区で2017年12月3日、森園道子撮影

 2020年東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日、東京)の出場権獲得者が28日、男子34人、女子15人で確定した。選考対象レースは28日のロンドン・マラソンとハンブルク・マラソン(ドイツ)で終了し、男子4人、女子1人が新たに出場権を得た。

 日本陸上競技連盟はMGC導入時に男子30人、女子24人を目標に掲げたが、達成したのは…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです