産直

県南に2施設 特徴生かし地域活性化狙う /宮城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
開業初日に500人以上が並んだおもしろいし市場。「こじゅうろうキッズランド」が隣接する=宮城県白石市で
開業初日に500人以上が並んだおもしろいし市場。「こじゅうろうキッズランド」が隣接する=宮城県白石市で

 県南地域で農産物直売施設(産直)が相次ぎ開業した。今月25日には白石市で「おもしろいし市場」が、角田市でも19日に「道の駅かくだ」がオープンした。それぞれの施設は特徴を生かした差別化を模索しながら、地域活性化を目指している。【滝沢一誠】

子供向け施設隣、家族連れに期待 白石の「市場」

 「おもしろいし市場」は東北自動車道白石インターチェンジにほど近い国道4号沿線に立地。名産品の白石温麺(うーめん)や地元産野菜のほか、同市場限定のスイーツなども店頭に並ぶ。

 開業初日は県内外から買い物客が訪れ、開店前には500人以上が並んだ。福島市から夫婦で訪れた鈴木ミエ子さん(70)はレタスやフキなどを購入。「福島では買えない野菜や品物が多い。しばらくたったら、また来たい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文852文字)

あわせて読みたい

ニュース特集