メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

宮崎・日南 魚うどん 煮込むほどうまい麺 /宮崎

 「煮込めば煮込むほど、うまみが増していくうどん」。そんな不思議なうどんが宮崎県日南市に伝わる。魚のすり身から麺が作られる「魚(ぎょ)うどん」だ。麺そのものが魚でできている。黒潮の幸に恵まれる地域ならではの郷土料理。太平洋を望む日南へと車を走らせた。

 魚うどんは1940年代、戦争で小麦が不足し、その代わりに地元で取れた魚のすり身を使ってうどんを作ったのが始まり。代用食だったため一時途絶えていたが、地元の人の「もう一度食べたい」との声に応え、75年ごろ、当時の日南市漁協婦人部が復活させた。

 現在、魚うどんを生産している同市漁協女性部加工グループの副部長、太田豊子さん(66)によると、20…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文973文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです