メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンゴ民主共和国

紛争下、性暴力の闇 「動物扱い、尊厳を破壊」

 コンゴ民主共和国のデニ・ムクウェゲ医師らが昨年ノーベル平和賞を受賞し撲滅に向けた機運が高まった紛争下の性暴力。だが、ムクウェゲ医師が活動するコンゴ東部ブカブなどと比べ、同国中部カサイ地方で起きている過酷な被害の実態はほとんど知られていない。そこでは「反政府運動の鎮圧」を名目に、政府軍兵士や政権派の民兵が性的虐待を繰り返していた。【カナンガで小泉大士】(3面にクローズアップ)

 中央カサイ州カナンガ郊外の村に住むチロンバ・ジョゼさん(40)は2017年4月のある夜、軍服姿の兵士7人に襲われた。

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです