メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性就業

5割超す 50年ぶり、背景に人手不足 総務省18年調査

 15歳以上のすべての女性のうち、働く人の割合が2018年平均で51・3%となり、1968年以来、50年ぶりに5割を超えた。総務省の「労働力調査」で判明した。女性就業者数も2946万人で、前年比87万人増と大きく伸びている。国や企業の育児・介護との両立支援策が充実し、女性の背中を後押ししているほか、人手不足が深刻なサービス業を中心に、企業が女性を積極的に取り込もうとしていることが背景にあるとみられる。

 一方で賃金面などでは依然、男女格差が残り、女性の管理職比率もまだ低い。格差解消や女性の積極登用に向…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文635文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです