メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
公文書を生かす

情報公開法成立20年/1 開示制度なかった伊方訴訟 裁判通じ原発資料 官「独占」の扉開く

伊方原発訴訟を振り返る原告弁護団の菅充行弁護士(左)と平松耕吉弁護士=大阪市北区で、青島顕撮影

 生活を守ったり、政治や行政をチェックしたりするために必要な公文書。この開示請求の権利を定めた情報公開法が成立したのは、今からわずか20年前の1999年5月のことだった。ではそれ以前の法律がなく、情報が官に独占されていることが当然とされていた時代の人々は、どうやって厚い扉を開けようとしていたのか。【青島顕】

 半世紀近く前。瀬戸内海や豊予海峡に面したミカン農業と漁業の町、愛媛県西部の伊方町が揺れていた。四国…

この記事は有料記事です。

残り3255文字(全文3459文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです