メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGs・持続可能な未来へ

/1 豪州食肉家畜生産者事業団 牛のストレス軽減に努め

買い物客らと対話するグレッグ・ニューウェルさん。「自然な環境で牛を育てることは消費者の要望でもある」という=オーストラリア・シドニーで2019年3月、明珍美紀撮影

 「私たちの農場では生態系を保全しながら牛を放牧している」

 オーストラリア・シドニーの住宅街で週末に開かれるオーガニック(有機)とサステナビリティー(持続可能性)を掲げたマーケット。食肉売り場でグレッグ・ニューウェルさん(56)が説明する。牛は大自然に育まれた牧草を食べる。「動物がより自然な環境で育つことは消費者からの要望でもある」

 シドニーから北へ車で約4時間のニューサウスウェールズ州にある「リンガ・ロンガ・ファーム」の6代目。…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文816文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです