皇室

国民との歩み、令和へ 受け継がれる心 天皇陛下から皇太子さま 皇后さまから雅子さま

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
春の園遊会に臨まれる天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻=東京都港区の赤坂御苑で2018年4月25日、佐々木順一撮影
春の園遊会に臨まれる天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻=東京都港区の赤坂御苑で2018年4月25日、佐々木順一撮影

 あと1日で天皇陛下が退位される。平成が終わり、令和の時代を迎えると、天皇、皇后両陛下は公務から退く。「両陛下がなさっておられるように国民に寄り添いたい」と述べた新天皇となる皇太子さま。新皇后となる雅子さまと共に両陛下からバトンを受け取り、「国民と歩む皇室」を次代につないでいく。【山田奈緒】

「両陛下のように寄り添いたい」

 皇太子ご夫妻は、天皇、皇后両陛下の国民と接する姿勢を学んできた。被災地や福祉施設など訪問の先々で、両陛下が積み重ねてきたように国民と目線を合わせて言葉を交わし、触れ合う姿がある。

この記事は有料記事です。

残り1851文字(全文2102文字)

あわせて読みたい

注目の特集