メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「服育」で衣服に愛着持とう

服育の授業で、型紙に合わせて裁断された生地を子どもたちに見せる三陽商会の社員=東京都新宿区の淀橋第四小で

 毎日身につける衣服。どこで誰が、何の材料から作ったのか知っている人はどれだけいるだろうか。服作りの過程を紹介し衣服への関心を高める「服育」に取り組むアパレル企業が増えている。

 ●生産工程を紹介

 3月、東京都新宿区の淀橋第四小で、3年生約60人に服育の授業が行われた。企画したのはアパレル大手の三陽商会。「みんなが着ている服は何からできているか知っている?」。広報の小穴(おあな)加奈子さんが呼びかけると、子どもたちは次々に手を挙げ「蚕!」「アルパカの毛」「石油」と元気に答えた。

 三陽商会は栃木県の畑で綿花を栽培しており、収穫した種を学校に寄贈。子どもたちが育てて昨秋収穫し、ク…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  4. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  5. 詐欺 岐阜大発注装い、温水便座を詐取 容疑の職員再逮捕 /岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです