メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「服育」で衣服に愛着持とう

服育の授業で、型紙に合わせて裁断された生地を子どもたちに見せる三陽商会の社員=東京都新宿区の淀橋第四小で

 毎日身につける衣服。どこで誰が、何の材料から作ったのか知っている人はどれだけいるだろうか。服作りの過程を紹介し衣服への関心を高める「服育」に取り組むアパレル企業が増えている。

 ●生産工程を紹介

 3月、東京都新宿区の淀橋第四小で、3年生約60人に服育の授業が行われた。企画したのはアパレル大手の三陽商会。「みんなが着ている服は何からできているか知っている?」。広報の小穴(おあな)加奈子さんが呼びかけると、子どもたちは次々に手を挙げ「蚕!」「アルパカの毛」「石油」と元気に答えた。

 三陽商会は栃木県の畑で綿花を栽培しており、収穫した種を学校に寄贈。子どもたちが育てて昨秋収穫し、クリスマスリース作りに活用した。授業では、海外から安価な綿が大量に輸入されて国産が希少になってしまった現状にも触れた。「60個の綿花でようやくTシャツ1枚分になるんです」と教えると「えーっ」と驚きの声が上がった。

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

  3. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです