メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「服育」で衣服に愛着持とう

服育の授業で、型紙に合わせて裁断された生地を子どもたちに見せる三陽商会の社員=東京都新宿区の淀橋第四小で

 毎日身につける衣服。どこで誰が、何の材料から作ったのか知っている人はどれだけいるだろうか。服作りの過程を紹介し衣服への関心を高める「服育」に取り組むアパレル企業が増えている。

 ●生産工程を紹介

 3月、東京都新宿区の淀橋第四小で、3年生約60人に服育の授業が行われた。企画したのはアパレル大手の三陽商会。「みんなが着ている服は何からできているか知っている?」。広報の小穴(おあな)加奈子さんが呼びかけると、子どもたちは次々に手を挙げ「蚕!」「アルパカの毛」「石油」と元気に答えた。

 三陽商会は栃木県の畑で綿花を栽培しており、収穫した種を学校に寄贈。子どもたちが育てて昨秋収穫し、ク…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです