メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「服育」で衣服に愛着持とう

服育の授業で、型紙に合わせて裁断された生地を子どもたちに見せる三陽商会の社員=東京都新宿区の淀橋第四小で

 毎日身につける衣服。どこで誰が、何の材料から作ったのか知っている人はどれだけいるだろうか。服作りの過程を紹介し衣服への関心を高める「服育」に取り組むアパレル企業が増えている。

 ●生産工程を紹介

 3月、東京都新宿区の淀橋第四小で、3年生約60人に服育の授業が行われた。企画したのはアパレル大手の三陽商会。「みんなが着ている服は何からできているか知っている?」。広報の小穴(おあな)加奈子さんが呼びかけると、子どもたちは次々に手を挙げ「蚕!」「アルパカの毛」「石油」と元気に答えた。

 三陽商会は栃木県の畑で綿花を栽培しており、収穫した種を学校に寄贈。子どもたちが育てて昨秋収穫し、ク…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです