メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 復興へ歩む杷木小学校/1 「ぼうさい」を伝統に

始業式で各クラスの新担任を拍手で迎える高倉秀虎さん(手前中央)ら

 <kyoiku no mado>

 「ようこそ、杷木(はき)小学校へ」。4月5日朝、新年度を迎えた福岡県朝倉市の市立杷木小学校をのぞくと、6年2組の高倉秀虎(しゅうご)さん(11)の声が響いていた。窓の外に満開の桜を望む体育館。異動で杷木小に仲間入りした8人の先生に児童代表で届けた歓迎の言葉には、最上級生として張り切る気持ちがあふれていた。

 杷木小は、地域の人口減や少子化などを背景に、杷木地区にあった志波(しわ)、久喜宮(くぐみや)、杷木…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです