メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日歌壇

加藤治郎・選

◎特選

◎ねむいねのこえがほどけていって朝、ひかりがあってわたしたちの朝 仙台市 出水陽

【評】幸せを感じる歌である。二人あるいは仲間と朝を迎える。「ひかりがあって」という表現が新鮮だ。

ミッドナイト・素足になった君がいて・泣かないで愛すことができない 横浜市 綾川あすか

砂浜に君と描いた曼荼羅は波に流され完成する 東京 仲原佳

この世は不思議 なにも知らないひとにならどこまでだってやさしくなれる 京都市 岡本沙織

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文459文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです