メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニのスタジオで爆発 けが人多数か
サッカー

J1 横浜マ2-1鹿島 横浜マ、攻め勝つ

 (第9節・28日)

 <横浜マ2-1鹿島>

 Jリーグが始まった1993(平成5)年から、平成を通してJ1で戦い続けてきたのは横浜マと鹿島のみ。リーグを代表する2チームの対戦はチームカラーを出し合った末、横浜マが攻め勝った。

 試合の流れを決めたのは早い時間での鹿島の先制点。左サイドバックの安西がドリブルから切れ込んだ。これで横浜マが攻め、鹿島が受けながらカウンターを狙う構図となった。8回の年間優勝を誇る鹿島の特徴は「堅守速攻」と「勝負強さ」。横浜マにボールは保持されながらも攻撃のスペースは与えず、はね返し続けた。

 鹿島が逃げ切るかと思われた後半20分過ぎ、横浜マは厳しいプレスでパスミスを誘うと一気の速攻から仲川…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文652文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです