メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道トラブル

10連休、上越新幹線で停電 3時間半、4万人に影響

上越新幹線の運転見合わせで混雑する新幹線改札口=JR東京駅で2019年4月28日、丸山博撮影

 28日午前7時20分ごろ、上越新幹線の上毛高原(群馬県みなかみ町)-浦佐(新潟県南魚沼市)間で停電が発生し、東京-新潟の上下線で運転を見合わせた。午前11時ごろから運転を再開したが、上下線22本が運休し、同47本(一部区間が共通の北陸新幹線を含む)に最大で約4時間の遅れが出て約4万2600人の足に影響した。【大久保昂】

 JR東日本によると、停電は上毛高原-浦佐間に電力を供給している新湯沢変電所(新潟県湯沢町)のトラブルが原因。約30分後、別の変電所からの電力供給によって一時復旧したが、最初の停電が引き金となって上毛高原-越後湯沢(同)間で電流を切り替える装置に不具合が起きていることが判明し、復旧のために午前8時半ごろに再び停電させた。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです