メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「理想の象徴築いた平成」 両陛下、重責果たし安堵 前宮内庁長官・風岡典之さん

風岡典之さん=高島博之撮影

 天皇陛下が退位されるまであと1日となった。退位の意向がにじむおことばを述べたビデオメッセージから2年8カ月あまり。お気持ちの公表にいたる経緯にかかわった前宮内庁長官の風岡典之さん(72)は今、「天皇、皇后両陛下は高齢になられても重いお務めを果たされ、退位を迎えられることに心から安堵(あんど)している」と話す。【高島博之】

 元国土交通事務次官の風岡さんは2005年4月に宮内庁次長となり、12年6月から16年9月まで長官を務め、陛下と皇后さまを支えた。

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 今年最も流れた曲 あいみょん

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです