メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「理想の象徴築いた平成」 両陛下、重責果たし安堵 前宮内庁長官・風岡典之さん

風岡典之さん=高島博之撮影

 天皇陛下が退位されるまであと1日となった。退位の意向がにじむおことばを述べたビデオメッセージから2年8カ月あまり。お気持ちの公表にいたる経緯にかかわった前宮内庁長官の風岡典之さん(72)は今、「天皇、皇后両陛下は高齢になられても重いお務めを果たされ、退位を迎えられることに心から安堵(あんど)している」と話す。【高島博之】

 元国土交通事務次官の風岡さんは2005年4月に宮内庁次長となり、12年6月から16年9月まで長官を…

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1017文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです