メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盛り上がる旧渋沢邸 栄一そっくりさんの3人も登場 埼玉・深谷

渋沢栄一に扮(ふん)したシルクハット姿の3人や小島進市長(左から2人目)らと写真を撮る来場客=埼玉県深谷市下手計の渋沢栄一記念館で2019年4月28日、大平明日香撮影

 令和になって以降に発行される新1万円札の肖像となることが決まった渋沢栄一の出身地埼玉県深谷市では、旧渋沢邸「中の家(読み方は『なかんち』)」(同市血洗島)などゆかりの施設が観光客でにぎわっている。28日には渋沢栄一記念館(同市下手計)で「渋沢栄一のそっくりさん」という男性3人が登場。来場客との写真撮影に応じるなど盛り上げた。【大平明日香】

 記念館によると、新1万円札に決まった9日から2週間で、約4600人が記念館に来場。これは昨年1年間…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文807文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです