メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローン桜、2本が開花 愛称公募や新品種登録へ 兵庫・西宮

越水早咲きのクローン。今年3月に初めて開花した=兵庫県西宮市提供

 兵庫県西宮市で今年、2本の桜のクローンが初めて開花した。一つは新品種に昨年登録された今津地域の桜。もう一つは、桜の研究者で水上勉の小説「櫻守(さくらもり)」のモデルにもなった笹部新太郎(1887~1978年)から寄贈を受けた「越水早咲き」。市は今津の桜の愛称を今夏にも募集。越水早咲きについても新品種登録を目指すという。

 新品種は今津地域の公園にある樹齢約70年とみられる桜。昨年7月、公益財団法人「日本花の会」に新品種…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文666文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです