メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

退位礼正殿の儀 「松の間」で開催 皇居で最も格式高く

皇位継承儀式の宮殿

 天皇陛下が最後のおことばを述べられる「退位礼正殿の儀」など皇位継承に伴う主要な儀式は、皇居・宮殿で最も格式の高い「松の間」が舞台となる。

 宮殿は鉄骨鉄筋コンクリート造りの地上2階、地下1階で延べ床面積は2万4175平方メートルあり、1968年に完成した。宮中晩さん会や一般参賀などに使われている。

 重要な儀式が行われる正殿には松、竹、梅の三つの部屋があり、松の間はその中央に位置する。広…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです