平成最後の大相撲巡業 「昭和生まれ」関取が記念撮影

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
準備された「昭和の男たち」と書かれた紙を手に、記念撮影する昭和生まれの関取衆=水戸市で2019年4月29日午前11時5分ごろ、飯山太郎撮影
準備された「昭和の男たち」と書かれた紙を手に、記念撮影する昭和生まれの関取衆=水戸市で2019年4月29日午前11時5分ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲春巡業は最終日の29日、水戸市で行われ、地元の茨城県出身の大関・高安が、先場所で大関陥落となった栃ノ心との稽古(けいこ)に汗を流した。同じく同県出身で、初場所で引退した元横綱・稀勢の里の荒磯親方が故郷のファンに引退の報告をし、平成最後の興行を終えた。

 高安は栃ノ心と、同じ相手と続けて相撲を取る三番稽古を10番行って内容は五分だった。高安は腰痛などのため春巡業への参加が遅れていたが「力の強い相手なので良い稽古…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

あわせて読みたい

注目の特集