メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソロ・フリールーティン、28歳の乾が優勝 アーティスティックスイミング

ソロ・フリールーティンで優勝した乾友紀子の演技=東京辰巳国際水泳場で2019年4月29日、宮武祐希撮影

 アーティスティックスイミングのジャパンオープンの最終日は29日、東京辰巳国際水泳場で行われ、ソロ・フリールーティン(FR)は28歳の乾友紀子(井村ク)が93.4667点で制した。フリーコンビネーションは日本(乾、吉田、小俣、京極、熊谷、塚本、福村、丸茂、安永、柳沢)が92.3000点で優勝。7月の世界選手権(韓国)で新種目に採用されるハイライトルーティンは日本(吉田、小俣、木島、京極、熊谷、塚本、福村、丸茂、安永、柳沢)が92.0000点で1位だった。3種目はいずれも来年の東京五輪では実施されない。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです