連載

あした元気になあれ

小国綾子記者の「元気」を追いかけるコラム。

連載一覧

あした元気になあれ

私たちにできることは?=小国綾子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
たくさんの花が供えられた事故現場で、犠牲となった母子を悼む人たち=東京都豊島区東池袋で20日午後6時41分、竹内紀臣撮影
たくさんの花が供えられた事故現場で、犠牲となった母子を悼む人たち=東京都豊島区東池袋で20日午後6時41分、竹内紀臣撮影

 “上級国民”って言葉、聞いたことある? そう尋ねると、教室の半分が手を挙げた。東京都内の私立大の「時事問題」の講義で、東京・池袋での車の暴走事故について取り上げたときのこと。

 運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が逮捕されず「さん」付けで報道されたことについて、「上級国民だから」などと批判が起きている。「同じように許せないと思う人は?」と尋ねるとほぼ全員が手を挙げた。

 説明してみた。逮捕は刑罰ではないこと。証拠隠滅や逃走の恐れがあるなど要件を満たさなければ逮捕できないこと。現行犯逮捕はその限りではないこと。入院した高齢の飯塚元院長が現行犯で逮捕されなかったことや、今回、警視庁が退院後も任意で取り調べる方針を決めたこと自体は、「上級国民だから」とは言えないこと。今後、書類送検され、責任を問われる可能性が高く、決して「逮捕しない=無罪放免」ではないこと。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文914文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集