メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道

県大会 少年剣士、鍛錬成果競う 19道場の209人参加 /福井

 第54回全国道場少年剣道大会(全日本剣道道場連盟主催)の予選を兼ねた第33回県道場少年剣道大会が、敦賀市松葉町の市立体育館で28日にあった。県内の19道場から小中学生計209人が参加し、団体戦と個人戦で日ごろの稽古(けいこ)の成果を競い合った。

 団体戦では小学生の部の上位5チーム、中学生の部の上位4チームが全国大会に出場する。個人戦は各部門の優勝者が全国大会へ進む。

 全国大会は団体戦が7月29、30日に日本武道館(東京都千代田区)で、個人戦は12月22日に新潟県立武道館(同県上越市)である。【塚本恒】

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです