メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市三宅東遺跡

縄文の土偶・石棒、湖南で初の出土 祭祀で使用か 野洲 /滋賀

市三宅東遺跡で発掘された縄文後期の土偶=滋賀県野洲市教委提供

 野洲市教育委員会は、市三宅(いちみやけ)東遺跡(市三宅)から縄文後期(約4000~3000年前)の土偶と石棒が出土したと発表した。同遺跡からは、弥生中期から奈良時代の集落跡や遺物が見つかっていた。今回の発見で一帯の集落の成り立ちが約2000年、時代をさかのぼることが分かった。

 同遺跡はJR野洲駅の北西約500メートルの工場用地に位置し、1983年から断続的に発掘調査が実施されている。今回は昨年9月~今年3月、京セラ滋賀野洲工場の新築に伴い約3000平方メートルを調査。弥生中期の方形周溝墓や奈良時代の掘立柱建物群…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです