メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下きょう退位 継がれ吹く、新たな風=客員編集委員・玉木研二

 お見舞いの記帳のため上京した年配者が「宮城(きゅうじょう)はどちら」と尋ね、ドーム球場を教えられた。

 昭和天皇が病床にあった時の逸話だが、奇妙に印象に残っている。皇居の旧称に親しんだ戦前・戦中と、それを知らない戦後の世代が入れ替わりつつあった。

 30年前、天皇陛下はそういう時代の節目に即位された。憲法が抽象的にいう「象徴」の具体的なあり方を絶えず模索し、時代的ギャップを超えて戦後世代も引き寄せられてきた。

 その探求姿勢の源は、平成が始まる年の30年前、当時皇太子の陛下が民間出身の現皇后美智子さまとご結婚…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです