メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ことば

本の「買い切り」方式

本の「買い切り」方式

 取次会社を通して書店が書籍や雑誌を仕入れ、返品できる従来の出版流通の仕組みとは異なり、書店が出版社から本や雑誌を直接購入し、売れ残っても返品しない方式。これに対し、現行の「委託販売制度」では、書店は一定期間後に本を返品できるため、安心して本を仕入れられる。出版社が取次会社に卸した段階でいったん売り上げが計上されることもあり、新刊点数が増える半面、高い返品率が問題になっている。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです