メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・豊島将之王位 第1局の4

よもやの千日手か 観戦記・上地隆蔵

 佐藤の指し手は[先]5三桂成だった。控室のプロ棋士たちは、名人がいきなり攻めの切り札を抜いたことに驚いていた。豊島が[後]3三銀と懸案の壁銀を解消し、局面はしばらく止まった。

 33分後、佐藤が[先]7一馬と寄った。これには[後]5二飛の一手。すぐに[先]6一馬と戻す。やはり[後]8二飛の一手。このやりとりを見た立会人の島朗九段が「念のため、千日手の規定を確認しておきましょう」と、名人戦の規定をめくり始めた。備えあれば憂いなし。もっともこの時点では千日手の可能性は低いと考えられていた。

 しかし佐藤はもう一度[先]7一馬と寄った。名人が千日手を覚悟したに違いない、と控室は騒然。対局室「…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文683文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです