メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道

全日本都道府県対抗優勝大会 攻めて三重、初優勝

代表者戦で茨城県の鍋山を攻める優勝した三重県の井上史(右)=小出洋平撮影

 第67回全日本都道府県対抗剣道優勝大会(毎日新聞社、全日本剣道連盟主催)が29日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ三重が初優勝を果たした。三重は初戦の2回戦で前年覇者の北海道を破って勢いに乗り、決勝では茨城に代表者戦の末に競り勝った。茨城は初優勝を逃した。

強化実り茨城に雪辱

 大将同士による代表者戦。1分過ぎ、三重の井上史と茨城の鍋山が同時に打ちにいくと、井上史の方が深く踏み込んだ分、メンがしっかり決まり、熱戦に終止符が打たれた。直前の大将戦では、三重は引き分けでも優勝が決まることもあって、井上史は「逃げる気持ちがあった」と後手に回った。左手小指を相手と自分の竹刀の間に挟んで負傷した直後に一本を取られて追いつかれた。

 だが、けがの功名。代表者戦の前に治療した際に気持ちを整理し「前に行こう」と腹を決めた。開始直後にドウを打つなど積極的に攻めたことが、最後の打ち合いでも先手が取れた理由だ。

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです