メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

令和へ団結「昭和の男」 平成最後の巡業 水戸

 大相撲春巡業は最終日の29日、水戸市で行われ、地元の茨城県出身の大関・高安が、先場所で大関陥落となった栃ノ心との稽古(けいこ)に汗を流した。同じく同県出身で、初場所で引退した元横綱・稀勢の里の荒磯親方が故郷のファンに引退の報告をし、平成最後の興行を終えた。

 高安は栃ノ心と、同じ相手と続けて相撲を取る三番稽古を10番行って内容は五分だった。高安は腰痛などのため春巡業への参…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです