メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

退位後も心寄せ 両陛下、交流絶やさず 仮住まい後「仙洞御所」へ

両陛下の住まいとなる東宮御所(仙洞御所)=東京都港区で2019年4月16日、本社ヘリから

 天皇、皇后両陛下は5月1日に上皇、上皇后となり、すべての公務から退かれる。陛下は魚類学者としての研究、皇后さまは音楽や文学など、お二人の関心に応じた時間は増える見込み。国民との交流について、宮内庁幹部は「機会は減っても、国民と触れ合いたいとの思いはお変わりないはずだ」と話す。

 両陛下は退位後、仮住まい先の高輪皇族邸(東京都港区)に移る。ただ、代替わり直前まで公務が続いたため引っ越しの準備はまだ始まっておらず、当分は現在の皇居・御所で暮らす。引っ越しから1年半後をめどに、改修工事後の赤坂御用地(同)にある東宮御所に移る。名称は上皇の住ま…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです