メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

よみがえる平成名勝負 名人戦で9度対決 羽生九段・森内九段、熱いトーク

 平成の将棋界を振り返るイベント「棋才平成の歩(あゆみ)」(日本将棋連盟主催)が29日、東京都内のホテルで開かれた。人気棋士が一堂に会し、思い出を語り合った。

 平成に9回名人戦七番勝負で対戦した森内俊之九段(48)と羽生善治九段(48)は、それぞれ「活躍した棋士人生そのもの」「アナログからデジタルへの移り変…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです