メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別CM、新曲、空気の缶詰も…商機はいたるところに 「元号ビジネス」をまとめた

新曲「令和」を動画サイトで公開した人気グループ「ゴールデンボンバー」=エクシング提供

 代替わりに伴う平成から令和への改元で、さまざまな企業が元号にちなんだキャンペーンや商品の販売を始めたり、社名に令和を組み込んだりしている。主な動きをまとめた。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 明治のヨーグルトブランド「R-1」は、4月1日に令和が発表された直後から話題となった。ツイッターには「令和の頭文字がRだから、元年はR-1、2年は(映画「スター・ウォーズ」シリーズに出てくる)R2(-D2)、令和18年はR18(成人指定)になる」などの投稿が広くリツイートされ、「R-1」や「R-18」は、話題のキーワードを示す「トレンド」に入った。

 29日には「平成最後の昭和の日に明治のR-1を(大阪のJR)大正駅で飲んだ」と、最近の元号をすべて織り込んで楽しむ複数の投稿がツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で拡散した。

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです