メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

砂漠に高層ビル群 エジプトの5兆円新首都、背景に中国「一帯一路」

「新首都」建設中のカイロ郊外の砂漠地帯では、官公庁などのビルの工事が進む=2018年11月5日、篠田航一撮影

 エジプトの首都カイロ近郊の砂漠地帯で、首都機能の移転に向けた建設工事が進んでいる。国内人口9900万人のうち2200万人が集中する過密な首都圏の混雑を分散させ、渋滞や大気汚染の解消を目指すのが狙いだ。一方、アジアから欧州・アフリカに至る巨大経済圏構想「一帯一路」の要衝としてエジプトを重視する中国も投資に動き始めており、巨大プロジェクトは本格化している。【カイロ篠田航一、北京・赤間清広】

この記事は有料記事です。

残り1758文字(全文1953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  3. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  4. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです