ミーアキャット「私生活」ガラス張り? 新飼育舎公開 徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新飼育舎の巣穴を走るミーアキャットを見る来場者=徳島市渋野町のとくしま動物園北島建設の森で2019年4月29日午前10時19分、松山文音撮影
新飼育舎の巣穴を走るミーアキャットを見る来場者=徳島市渋野町のとくしま動物園北島建設の森で2019年4月29日午前10時19分、松山文音撮影

 とくしま動物園北島建設の森(徳島市)で29日、人気のミーアキャットの新たな飼育舎がお披露目された。国内の動物園では初めて、壁の一部をガラス張りにして、巣穴の様子を観察できるようにした。穴の中でくつろいだり、走り回ったりする姿が楽しめる。

 施設は鉄筋平屋建て41平方メートル。これまでの屋外展示施設の南隣に新設した。正面の壁縦1メートル、横3.2メートルをガラス張りにし、巣穴の中で過ごす様子が分かる。

 元々アフリカ南部に生息し、地中に穴を掘って巣穴で過ごすことが多いミーアキャット。サバンナエリア担当の飼育員、木村善子さん(54)によると、屋外施設では独自に長い穴を掘ってくつろぎ、出てこない時もあったという。「居心地の良い巣穴で過ごす様子を見ることができれば、来場者に楽しんでもらえる」と、職員の提案で一部をガラス張りにすることに決めた。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文549文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集