メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明治のキリスト教殉教者37人、「福者」認定へ調査開始 津和野

信徒が拷問を受けた乙女峠の池=津和野町後田で2019年4月18日午後2時36分、竹内之浩撮影

 キリスト教禁教令があった明治初期の弾圧で長崎・浦上地区から島根県津和野町に送られ、殉教した信徒37人について、カトリック広島司教区(広島市)はカトリックの崇敬対象である「福者」の認定を受けるための調査を始めた。禁教令撤廃から150年の2023年までの認定を目指す。【竹内之浩】

長崎から移送

 福者は信仰上の徳のある行為を認められた信者に対して死後、ローマ法王庁(バチカン)から与えられる称号で最高位の「聖人」に次ぐ。日本ではキリシタン大名の高山右近ら394人がいるが、今回認められれば明治以降の殉教者は初めてとなる。

 幕末から明治初期にかけて長崎のキリスト教徒が弾圧された「浦上四番崩れ」で、江戸幕府の禁教令を継続し…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文707文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです